LINEで送る

ホテル客室は気密性が高く高湿気となりやすい上、栄養分となる有機物が豊富に存在するためカビが頻繁に繁殖します。特に、連泊中の客室で清掃不要となると数日間でカビだらけということもあります。カビの臭気成分は主に3つ、①メチルイソボルネオール(C11H20O)②ボルネオール(C10H18O)③トリクロロアニソール(C7H5Cl3O)。これらカビ臭は臭気強度が非常に強く、人は極微量でもカビ臭いと感じます。

オゾン発生機と空気清浄機の比較(攻撃性)

カビ菌は空気中を浮遊しどこかにに付着すると新たな増殖を始めます。
受け身姿勢の「空気清浄機」だとこのようなカビには無力です。
オゾン脱臭機は壁や天井などに付着した目に見えない微小なカビ菌や、エアコン内部など手の届かないカビにも有効です。カビ菌表面のタンパク質を襲来したオゾンが分解(殺菌)し、増殖を抑えながら空気中のカビ臭も脱臭します。

「カビ臭対策は脱臭殺菌を同時に実施」することが大切です。

空気清浄機による消臭では空気中のカビ臭は一旦消えますが、カビ胞子が生きたまま排出されるとまた室内がカビ臭くなります。
また、エアコン内部はカビや雑菌の最大の放出元です。
入室直後の宿泊者から「エアコンの風が臭い」とクレームを受けないよう日頃から業務用オゾン機を運転するなど十分なケアが必要です。

カビ臭脱臭のコツ

①先ず、目に見える個所に発生しているカビは取り除く。
 →発生したばかりの初期カビは乾拭きやアルコール拭きで十分。
 →根付いたカビは塩素系薬剤を頼るしかありません。
②除去後、室内にカビ臭が残っていないか確認。
③窓開け換気を行い、室内に浮遊する臭気を排出します。
 →①、②を窓開け前に行うのは臭いの発生源を探るため。
④窓を閉めてエアコンを除湿(または送風等)運転させます。
 →湿度が低い方がオゾンの脱臭効果が高まります。
 →エアコン内部のカビや雑菌を抑制、不活性化にも効果。
 →バスルームドアを開けておきバスルームのカビ発生も抑制。
⑤業務用オゾンを運転します。
 →部屋サイズに応じて適正時間を選択。
⑥オゾン運転終了後、窓開け換気で残ったオゾン臭を排出。
⑦窓閉め後、カビ臭が残っていればオゾン運転を繰り返す。

さらには・・
※何度、手順を繰り返しても取れないカビ臭は壁紙裏やベッドマット、エアコン内などに多量のカビが付着している可能性があります。
※バスカーテンは2~4週間に1回程度、塩素浸け置き後洗濯を推奨。
※トイレタンク内は半年に1回程度、塩素塗布洗浄を推奨。
※連泊(未掃)明けの客室は徹底換気とオゾン運転が必須。
※冷蔵庫は動かし易いようにキャスター等の設置も検討。
※とにもかくにも早期発見、早期除去に尽きます。
初期段階であれば簡単に除去できるが、放置するとあっという間に複数個所に広がり根付くのがカビの特性です。

カビの除菌・脱臭


【客室のカビ発生源】
・バスルーム
 -目地コーキング
 -トイレタンク内

 -バスカーテン
 -便器廻り配管

・エアコン内部
・壁(壁紙)内部
・冷蔵庫内・庫裏・床面
・窓枠周辺

・ベッドマット・台
・カーペット

Copyright© 2011-2016 アドプロジェクト合同会社|ゴリラパワーの業務用オゾン脱臭機レンタル。 All Rights Reserved.