後悔しないオゾン脱臭機選びTOP

業務用オゾン機を選ぶための情報が少ない理由

業務用オゾン機に関するWEB上にある情報の大半はオゾン機を販売する会社によって発信されたものです。
彼らは実際にオゾン機を使っての清掃作業に携わることも他社メーカーの商品を使用した経験もありません。
そのため、「こういうオゾン脱臭機が必要だ」というユーザーの感覚が分からないのです。
結果としてオゾン機の購入を検討しているお客様にとって「必要な情報が少ない」状況になっています。

アドプロジェクトが業務用オゾン機選びにこだわる理由

私たちはホテル運営業務を通じて、清掃現場で365日業務用オゾン機を使ってきました。
ホテル運営者として、また清掃スタッフとして様々なオゾン機を見たおかげで理想的なオゾン機の選び方に気付きました。
どんなオゾン機を選ぶかはお客様満足だけでなく清掃スタッフの離職率やホテル稼働率までも左右するため非常に重要です。

業務用オゾン機選びで最も大切なこと

最初に結論をズバリお答えしておきます。
オゾン機選びで最も大切なのは、その業務用オゾン機は「ちゃんと現場で使われるか」という視点です。
「だよね。」と思われた方は清掃現場をよく知る方です。
口コミ評価が伸び悩んでいるホテルの清掃現場を見学させていただくと、
驚くほど清掃さんがオゾン機を使っていない(または、正しく使っていない)ことに気づきます。

なぜ清掃スタッフはオゾン機を使いたがらないのか

この答えはおおよそ5つに集約されます。

➀オゾン機が重くて面倒臭い。
一般的な業務用オゾン機は4~6kgの重さ。若い男性でさえちょっと気合いを入れるほどの重さを女性やご年配のスタッフが清掃作業の合間に持ち運ぶのはかなり酷です。「消臭しなくては」という気持ちがあっても身体が付いていきません。いざ臭いクレームが発生すると、支配人としては「せっかくオゾン機があるんだから消臭してよ」という気持ちになりますが、本当に清掃スタッフを責められるでしょうか。一度、オゾン機を持ち運びながら客室清掃してみてください。「なんでこんなに重いねん!」と恨めしい気持ちになるはずです。
➁オゾン発生器の運転時間が長く清掃時間内に作業が終わらなくなる。
オゾン機の性能は1時間あたりのオゾン発生量(mg)で表します。ホテルの清掃業務に適したスペックは300mg/h~2,000mg/hです。300mg/hスペックは、ビジネスホテルのシングルルーム程度(床面15㎡)を脱臭するのに30分間超かかります。運転後の換気時間を加味すればこのスペック機でギリギリでしょう。また、逆に2,000mg/hを超えるような機種は取扱い上(オゾン発生量×送風能力の関係)客室消臭には向きません。オゾン機を選ぶ際は客室サイズや清掃時間に合ったスペックを選びましょう。
➂オゾン機の台数が少なく、ほかの人に遠慮してしまう。
「縁の下の掃除番」という言葉通り、清掃スタッフには遠慮がちな方が多いため1台のオゾン機を複数のスタッフで共有する状況だと使う人が偏り、優先順位の高い(くさい)客室から消臭されるのではなく、特定の清掃担当者の客室に偏っています。
➃オゾン機の使い方がわからなくて不安だ。
私が以前携わったいくつかの現場でも清掃スタッフの多くは機械オンチでした。触ると壊れると信じていたりします。オゾン機は高価なものという知識があるため余計に臆病になってしまうのかも知れません。支配人や清掃リーダーがちゃんとオゾン機の研修をしたうえで「簡単には壊れないし、もし壊れても大丈夫だから」と言ってあげてください。ちなみに、落としたりぶつけたりすればさすがに壊れます。※当社のレンタル機「消臭オゾンクラスター」は修理保証と交換保証があるので本当に壊れても大丈夫。
➄客室のニオイがわからない。
清掃スタッフによって嗅覚の優劣がある上、清掃開始とともにドア・窓を開けごみやシーツを回収する間に室内の臭いが外気により一時的に薄れてしまい匂いがあるか否かの判断が難しくなります。対策として、①入室した瞬間の第一印象で臭い部屋にマーキングしておき後でオゾン消臭する。②吸い殻が○本以上あればオゾン消臭する。③3連泊以上のOut清掃はオゾン消臭する。などルール化しておくことで一定以上の精度が保てます。

ホテルにおけるオゾン発生器の必要台数を求める計算式

営業先のホテル支配人から「オゾン発生器って何台必要なんですかね?」とよく相談されます。
清掃スタッフからすれば1人1台が理想ですが、予算の都合もあるため先ずは最低台数を揃えたいというのがホテルの本音です。
そこで、簡単な計算式をご紹介します。

(例)ホテル客室数100室(喫煙室が40、禁煙室が60)、9階建、清掃時間5時間(300分間)の場合。

<オゾン発生器の最低必要数を求める計算式>

{(喫煙室数×1/3)+(禁煙室数×1/6)}×20(分)÷清掃時間(分)×乗数(1+フロア数/10)

<計算>
40(喫煙室数)×1/3(定数)=13
60(禁煙室数)×1/6(定数)=10
1日のオゾン消臭実施室数=13+10=23室
 オゾン消臭にかかる1室の平均時間を20分間(運転に15分間+準備・移動・回収に5分間)とする。
※オゾン機性能と客室の広さに比例
23室×20分間=460分間
これを清掃時間(300分間)で割ります。
460÷300=1.53
これに、乗数(ホテルのフロア数;1階建は1.1、2階建は1.2… 10階建は2.0、11階建は2.1…)を掛けます。
9階建ての場合、乗数は1.9なので、
1.53×1.9=2.90

つまり、このホテルでは最低3台必要となります。

当社『消臭オゾンクラスター』のレンタル料が安価な理由

当社レンタル製品の価格は、他社比で1/4以下ほどに抑えています。
業務用性能オゾン発生機では通常考えられない価格ですが、
日本一使われるオゾン機になることを目標にギリギリの価格に挑戦しています。

なぜ低価格提供が可能になったのか
①当社利益大幅カット ②内蔵タイマーを除去 ③オゾン回収フィルター非装備

秘策ではありません、実はこれが最大要因です。私たちは『日本で1番使われるオゾン機』になることを目標に、利益を大幅カットしました。

業務用機に内蔵されることの多いタイマー機能はオゾンメーカーにとって専門外。
コストが掛かる上、壊れやすい箇所にもなります。

※必要な方には市販の延長ケーブル付属タイマー(約2千円)をご紹介しています。

業務用オゾン機の一部機種では運転後のオゾン残臭回収を目的にフィルターを装備しています。これもコストが掛かる上、消耗品のため数万円のお客様負担も発生します。
※オゾンは自然分解される非残留性の安全な物質。過剰な運転時間にせず、運転後の換気を行えば十分なので当社品は非装備としています。

世界が認める業務用オゾン脱臭機の効果

日本はもちろん、世界中のホテルで清掃時に業務用オゾン脱臭機が使われています。
業務用オゾン脱臭機は、煙草臭や香水、食品臭、体臭などかなり強い匂いも短時間で消臭することができます。
また、高い殺菌力・分解力はノロウィルスやインフルエンザ、RSウィルス、PM2.5、カビ菌、花粉、NOx、
ディーゼル粉塵(D-EP)等の有害物質対策にも効果的です。

オゾン脱臭機が日常的に使われている施設

オゾン発生機は、ホテル・旅館だけでなく食品工場や病院、介護施設、不動産管理会社、清掃会社、レンタカー会社、
タクシー会社、カラオケ店、学校、保育園、飲食店、厨房、畜産業者など多岐に渡るロケーションで活用されています。
今後はAirbnb、マッサージ店など小規模施設様でも活用されるようにレンタルサービスを拡充します。

通常のオゾン脱臭機の導入(購入)コスト

販売向け業務用オゾン脱臭機の欠点を1つ挙げるなら導入コストの高さでしょう。
一般的なビジネスホテル客室(約20m2)を1室10分間ほどで消臭するにはオゾン発生量1,000mg/h程度が必要です。
このレベルの製品であれば価格相場は28万円~40万円程度になります。

「消臭オゾンクラスター」レンタルサービス

煙草臭い客室が10分後には禁煙ルームに早変わりするとは言え、非常に高価な商品です。
もし、1日数百円程度で業務用オゾン脱臭機をご提供できればホテル様に喜んでいただける!と思い、
業務用オゾン脱臭機レンタルサービスをスタートしました。

おかげ様で、ビジネスホテル様、シティホテル様、旅館様はもちろん、
Airbnbオーナー様、クリニック様など小規模施設様からも多数お声掛け頂いております。
極めて少額で最大限のメリットをお約束いたします。

『消臭オゾンクラスター』の開発コンセプト

超軽量で高性能「消臭オゾンクラスター」
 

『消臭オゾンクラスター』が選ばれる理由

オゾン脱臭機を導入したら94%のお客様が満足との結果。
「消臭オゾンクラスター」が選ばれる理由
Copyright© 2011-2016 アドプロジェクト合同会社|ゴリラパワーの業務用オゾン脱臭機レンタル。 All Rights Reserved.