スーパーホテル博多様をご利用されるお客様はどのような方が多いのですか。

【稲森副支配人】
当館のお客様は平日は90%超がビジネス利用者、週末は逆に70%近くを観光客やカップル客が占めます。
またコンベンション施設や九大病院に近いので医師や看護師、MRなど医療関係者が結構多いですね。
男女比は6:4で、他のビジネスホテルさんと比べると女性のお客様にも支持いただいてるようです。

ホテルを運営する上でご苦労されていらっしゃることは何ですか。

【稲森副支配人】
ここ2年ぐらいの変化ですが、出張者の泊数が減っています。以前は必ず3泊されていたお客様が2泊になったり、
毎週来ていたお客様が月2回になったりと企業様の経費削減が進んでいる印象を受けます。
ただ、当館は年平均稼働率は95%超をなんとか維持していますけど(笑)。

高い稼働率を達成され続けている秘訣を教えてください。

【稲森副支配人】
企業秘密です(笑)。先ほどお話したようにお客様当たりの泊数が減っていますのでお客様数を増やすことに注力しています。
この方法は他のホテルさんも同様だと思いますがホテル予約サイトなんかを利用します。
そうして集めた新規のお客様に次回も当館に来ていただけるよう様々な施策を講じています。

当社のLOCOMAP!はどのようにご活用いただいてますか。

【稲森副支配人】
当館がこだわっているのは、お客様に「なんだかほっとする」と感じていただくことです。つまり「第二の我が家」です。
自宅近所であれば、駅までの近道やスーパー・薬局の場所、美味しい飲食店やまずい店(笑)まで皆知ってます。
つまり不便じゃないんですよね。
当館はチェックイン時に全てのお客様にLOCOMAP!をお配りしています。
また、飲食店を紹介する際にはLOCOMAP!に蛍光ペンで直接マーキングします。
これを継続しているとお客様は当館の近所に異常に詳しくなります(笑)。
ふつうの地図だと競合ホテルまで掲載してあるから「これをお客様に渡すのどうだろう」って。
LOCOMAP!は当館のオリジナルMAPとして作成していただけるのでそういう意味で活用しやすい。

LOCOMAP!をこれから導入されるホテル様へメッセージをお願いします。

【稲森副支配人】
正直、ライバルホテルさんには教えたくないですけど(笑)。。
長年フロントに立っていて実感したことですが、ビジネスホテルのお客様が必要とされるのは
「ホテル周辺の情報」なんですよね、特に「ご近所の飲食店」。
新規のお客様に「これからお食事ですか。」とお声がけすると、途端に打ち解けてコミュニケーションがとてもスムーズに進みます。
ご紹介した飲食店から戻ってきた時には満面の笑顔で「いいお店紹介してくれてありがとう」とお客様から感謝の言葉をいただけます。
また、紹介した飲食店のオーナーさんからわざわざお礼に来ていただくことも多々あります。
フロントという仕事の醍醐味だなって感じます。
当館の常連様は、来館のたび「今日またあの店行かなきゃ」と嬉しそうに話されます。
この感動を皆様にも早く味わってほしいですね。

Copyright© 2011-2016 アドプロジェクト合同会社|ゴリラパワーの業務用オゾン脱臭機レンタル。 All Rights Reserved.