オゾン脱臭機との相性を考えてホテル清掃のプロが作ったアロマ消臭スプレーTOP

カビ臭や煙草臭をはじめ灯油、香水の臭いも消せるホテル仕様の業務用消臭スプレー


ホテル清掃業界で圧倒的な支持を誇るオゾン脱臭機「ゴリラの”消臭オゾンクラスター”」をプロデュースするアドプロジェクト。私たちはオゾン消臭をヒントに全く新しいコンセプトの消臭スプレーを開発しました。



一般の化学系消臭スプレーの多くは
石油系界面活性剤を含有します。
界面活性剤は、噴霧後も残存し続け
ニオイや汚れが定着する原因になります。
本商品は地球や人にやさしい自然成分
で作られています。

リッチ天然アロマ成分

オゾン消臭機との相性抜群なゴリラの消臭スプレー

LOHASアロマ消臭スプレー(ゴリラの消臭スプレー)は、”オゾン消臭機メーカーが、オゾン消臭効果を最大限に高める目的で開発した消臭剤”です。オゾンの消臭反応は高湿度下で活発になりますが、室内全体の湿度が高いと、せっかく発生したオゾンがすぐに酸素に戻ってしまいます。「効率よく消臭するコツ」は、オゾン消臭機を運転する直前に臭いの発生源周辺にだけ局所的にスプレーすることです。また、オゾン消臭機を使ったあと、室内全体にスプレーすれば、残存するオゾンを無駄なく消臭に使うことができます。※市販の消臭スプレーは臭い物質を覆って(マスキング)、オゾンをバリアするので逆効果。
また、オゾン消臭機が不得手な臭いに石油系化合物があります。灯油やガソリンの臭い、香水など強い化学結合をもつ物質はオゾンの酸化分解力が及びにくく消臭が困難です。当社の「LOHASアロマ消臭スプレー」は、ひまし油の乳化成分がニオイ物質を中和しオゾンが効きやすい状態に変化させます。

主要成分のティーツリーについて

Tea Tree(ティーツリー)は、オーストラリア原産の樹木で学名はMelaleuca Alternifolia(メラルーカアルテルニフォーリア)です。オーストラリアの原住民アボリジニが薬として用いていた事からオーストラリアの科学者が研究し、ティーツリーオイルに強力な抗菌性があることを発見。医学会、薬学会で発表し世界中に医薬品として広まりました。
ティーツリーオイルは殺菌消毒に有効なテルピネン-4-オールを含む48種以上の有機化合物で構成され、これら有機化合物の相乗効果により感染症にまで効果のある高い抗菌・抗真菌作用で部屋の空気を浄化(消臭)します。
ニオイ物質に直接働きかける点が、香りでにおいを覆う(マスキング)一般の消臭スプレーとの最大の違いです。
当社商品は最上級ウルティメート(ULTIMATE)グレードのティーツリーオイルを使用しています。

石油系合成界面活性剤不使用について

一般に販売されている消臭スプレーの多くは、石油系合成界面活性剤を用います。界面活性剤は、油脂と水を分離させない用途で使いますが、石油由来のものは、高い毒性・浸透性・残留性があり人体や環境に有害です。
ところが、大量生産、長期間流通させるためには長く成分が安定する石油系合成界面活性剤を使わざるを得ないのです。
さらに悪いことに「石油系合成界面活性剤」は、ほこりや汚れ、臭いを吸着する媒体となって日に日に清掃を困難にします。
実は「なんとなく嫌な臭いがする」や「ほこりが溜まりやすい」原因が消臭スプレーにあったのです。
当社『LOHASアロマ消臭スプレー』は、ご注文があってから製造するフレッシュ製法のため、種子から抽出される安全性の高い水添ヒマシ油を乳化剤として使用しております。※使用時にはよく振って2か月以内にお使いください。

ヒマシ油(乳化剤)について

当社アロマ消臭スプレーは、肌につけても安心な高純度のヒマシ油を贅沢に含んでいます。実は、ヒマシ油は、オゾン消臭機の脱臭効果を促進します。例えば、ホテルで煙草と並び消臭が困難とされている香水のラストノート(最後まで残る香度の強い物質)をヒマシ油の乳化作用で分子結合が壊れやすい状態に変化(中和)させます。そこにオゾンの酸化(消臭)作用を効果的に仕掛けます。これは、ヒマシ油の「優れた融解力」と「酸化しやすい性質」を利用したものです。ヒマシ油のもつ自然な2つの性質がオゾンの消臭原理にぴったりハマることにより生まれる効果です。
LOHASアロマ消臭スプレーお申込みLOHASアロマ消臭スプレーお申込み

※こちらのアロマ消臭スプレーは業務用専売です。法人様以外のご注文は受け付けておりません。

Copyright© 2011-2016 アドプロジェクト合同会社|ゴリラパワーの業務用オゾン脱臭機レンタル。 All Rights Reserved.